友って、こういう存在なんじゃないかな

約3週間くらい前のこと。定休日の水曜日の夜に、カガーワの甘酒屋さんから、「谷井さん、仕事やめて来てよー!」ってお誘いがありました。

 

速攻で行きました。

甘酒屋さんは、これまでも僕のいろいろな相談にのってくれててね。

 

到着した居酒屋さんで隣に座った僕に、開口一番にこう言いました。

「谷井さん、みんなの投稿にいいね!するのもいいけど、もっと発信することをやっていかなきゃいかんのとちゃう??? だって売上が厳しいんでしょう?」と。
続けて「この前のシノズキッチンの時とか、その翌日に忍さんが来てくれたのに、そのことを発信していなかったでしょ??」って。しかも、「その時って七宝亭の創業記念日だってこと、それも発信していないでしょ??」って。「ふたつの大きなことを発信できていないって、もったいなさ過ぎると思うんですよねー!」って。

僕は正直な気持ち、「えっ?今のスタンスじゃいけないの??」って、そう思いました。

その時の僕は分かりませんでした。

 

でね、この数週間の内にその意味がなんとなく分かる気がしたんです。

「せっかくの機会を、どうして活かさないんだ!!」って。そう言われていることに。

 

たしかに僕は忙しかったりしてることを自覚してても、

でも、

それ以上にやっている人の発信を目の当たりにしてるのに、自分の限界とかを勝手に決めてて、もうちょっとを頑張ろうとしていなかったようにも感じててね。

 

そう言われて、ぶっちゃけ悔しかったなー。

 

忙しいのは有り難いことで、その中でもどう伝えようか?とか、どうやればいい?ってところを、自分本位な忙しいで消化してしまおうと思っていることに気付きました。

 

忙しいときはそれであると思うし、その中でもやっている人もいるわけで。

 

時間の使い方とか、余力を残していけるようにするだとか、やり方なんていろいろできるわけでして、

言い訳するより、自分の限られた時間をどう使うべきなのか??ってことを、どうやるの??ってところについて、改めて考えさせてもらった次第です。

 

きれいにまとまらなくてすみません。

 

で、そんな想いや感情を常に身にまといながらやっている、今のうどん店七宝亭も、個人的にはなかなかオモシロいお店です!笑

 

最後に言わせてもらいたいのは、

「友」って、掛け値無しに、相手のことを想う気持ちが溢れていて、

で、そこには相手のことを想ってだから言う、そんな関係ができていることかなと。

 

あざます!!!

 

しか、言えねーーー!!!

 


The following two tabs change content below.
1976年生まれ。香川県観音寺市で1975年創業の七宝亭(しっぽうてい)の2代目です。 好きなことは、ドライブ、サッカー観戦、お酒、うどん店めぐり。マックスブログ塾13期。ニックネームは【りんご】です! 椎名林檎ちゃんを好きだからー(`_´)ゞ